ツキイチチェック会とは?

時系列にニュースを見ると、世の中の方向性が見えてくる

  • 2010年7月のニュース

    猛暑が続くロシアで干ばつが起こり、小麦収穫は前年比約2割減になるとの予測が発表された。
  • 2011年2月のニュース

    農林水産省は23日、民間の製粉会社に売り渡す輸入小麦の価格を4月から18%引き上げると発表した。値上げは昨年10月に続き2期連続で、上げ幅が2けたに達するのは08年10月以来2年半ぶり。
  • 2011年5月のニュース

    山崎パンは、食パンなど主力製品227品目の出荷価格を7月1日から平均5%値上げすると発表した。

これから何が起こるかは誰にも分からない

日本の財政危機が連日のように報道されています。

国の借金は、とうとうGDPの200%を超えてしまいました。

年金は保険料収入では給付することができず、積立を取り崩して支払いしています。

世界的にはギリシャをはじめとして、スペイン、イタリア、フランスなどヨーロッパの危機が大きく報じられています。

人口増加に伴う、原料や食料不足も大きな課題です。

これからどんな世の中になっていくのか、先の見通しが立てられず、社会全体が不安を感じている時代だと思います。

世の中の方向性をみる力をつけるには

変化の時代。

いつ何が起こるのか、予測することはできません。

けれど、時系列に過去の出来事を見ていくと、今、こんな感じで世の中が進んでいる。

このままいくと、こうなるのではないか、といった方向性は見えてきます。

逆にいうと、ニュースなどを時系列にチェックすることによって

今の世の中の方向性を肌で感じる力がついてきます。

世の中の方向性が見えてくると、これからどう準備するのかを自分で判断するのに大きな力となります。

また、貯金をどうするか、といったお金・資産の話に限らず、こういったサービスがこれからの時代に合ってるな、とか

自分が大好きな業界では、今後、こういったコラボレーションがうまくいくかも!とか

自分らしくお金を受け取るアイディアが思い浮かびやすくなります。

街を歩いたり、お店に入ったり、雑誌を見たり、といった日常の1コマから

世の中、人、お金の流れが見えてくるようになるのです。

世の中の変化に流されないために

自分の過去の行動の積み重ねをみると、今の自分がどんな感じなのか、

このままだとどう進んでいきそうなのか、自分の方向性が見えてきます。

世の中の変化に流されないためには、自分の軸をしっかり持つことが大切です。

まずは、自分にとって何が大切なのかを明確にすること。

その上で、毎日の過ごし方が、自分の進みたい方向に向かったものであるかを意識すること。

それが、自分軸を持つための1つの手助けになります。

月に1度、方向性のチェックを

定期的にニュースから時系列に世の中の方向性のチェックを続けることで、

何かのニュースを聞いたときに、その後のシナリオをある程度予想できるようになります。

色々なことを言う専門家がいます。国も様々なアナウンスをします。

その中で、最終、判断するのは自分。

今のうちから、世の中をみる力をつけておくことがとても大切です。

同時に、自分が大好きなこと、大切にしていること

これからの世の中で、どのように自分らしさを分かちあってきたいのかを確認してみて下さい。

今の自分の行動が、その方向を向いているのか、振り返ってみて下さい。

できれば、パートナーや家族、友人など、同じ方向性に進みたい仲間と一緒にチェックしてみることをおすすめします。

世の中の見方がよく分からないという方、

得する・損するといった話ではなく、お金について考えてみたい方、

変化の時代も自分らしく楽しんで毎日を過ごしたい方は

ツキイチチェック会に参加してみて下さい。

参考

2011年10月のツキイチCHECK ニュースから世の中を見る音声ファイル>>ツキイチチェック2011年10月

※分かりやすいようお話していますので、必ずしも正確な表現ではありません。

また一部音声が途切れている個所があります。 ご了承ください。

すごく勉強になったので、今日学んだことをきちんと自分の中に落とし込んで、

今上がっているモチベーションで  日経新聞や専門誌等も読みたいです。(20代男性)

参加のきっかけは前回参加して、自分の知らないことが知れて楽しかったから(30代男性)

分からない単語だらけで、本当に何も分からないんだな、というのが分かりました。(30代女性)

→経済を考えたことのない方は、はじめは分からなくても普通です。

継続的に意識して世の中を見ることから、世の中の方向性を見る力がつきます。