投信、配当引き上げ急増の理由の1つに税制

コラム ポッドキャスト

分配金を引き上げた投資信託が、去年に比べて3倍以上になっているそうです。

これは、株価が上がったことも要因の一つですが、もう一つの大きい理由として、優遇税制が年内で終了することが挙げられています。

株式の売却や配当には、通常20%の税金がかかりますが、今年いっぱいは10%に優遇されています。

そこで、今年のうちに配当を出そうとしているのです。

来年1月からは、NISA(ニーサ)と呼ばれる少額投資非課税制度がスタートしますが、証券会社には、このニーサの口座を開設してもらったり、口座を継続したりして欲しいという思惑があるようです。

※NISAは、毎年100万円を上限とする新規購入分を対象に、その配当や譲渡益を最長5年間、非課税にする制度です。

新しい投資優遇制度「NISA(ニーサ)」がいよいよスタート!将来に向けた資産形成を考えるきっかけに:政府広報オンライン 新しい投資優遇制度「NISA(ニーサ)」がいよいよスタート!将来に向けた資産形成を考えるきっかけに:政府広報オンライン

Exchange Money Conversion to Foreign Currency
Exchange Money Conversion to Foreign Currency / epSos.de


« »