資産とは?

コラム

お金の流れから考える資産

あなたにとって、「資産」とは何ですか?

ベストセラー『金持ち父さん貧乏父さん』の中で、ロバート・キヨサキ氏は

次のように「資産」を定義づけています。

資産とは、あなたのポケットにお金を入れてくれるもの。

負債とは、あなたのポケットからお金を奪っていくもの。

-ロバート・キヨサキ氏―

普通の人は、「持家」は自分の資産だと考えているけれど

「持家」は決して、自分のポケットにお金を入れてくれません。

ローンで購入していれば、銀行に毎月返済をしていかないと

家は取り上げられてしまします。

例えローンが無くても、固定資産税を支払わなければ国にとられてしまいます。

また、維持にも費用がかかるので、家はポケットからお金を奪っていくもの、

即ち「負債」であると書かれています。

この定義だと、普通は「資産」だと考えられている

持家、車、別荘、ボートなど、維持費のかかるものは「負債」となります。

同じ不動産であっても、人に貸して家賃をいただく場合、

そして家賃収入が支出を上回る場合は「資産」となります。

「お金の流れ」を意識するのに役立つ考え方ですね。

自分にとっての「資産」

ただ、マイホームはお金の流れとしては負債であっても

そこで生活すると、毎日より幸せや豊かさを感じることができるかもしれません。

賃貸で、自分の本当の希望通りの家を探すことは難しいので

理想を求めるなら、自分で建てたりリフォームしたりすることが必要になることが多いです。

私は「資産」とは、幸せや豊かさをもたらすもの・自分にとって価値のあるものだと思っています。

本当に車が大好きで、その車を見ているだけで幸せを感じる人にとっては

ある車が「資産」なのかもしれません。

でも車に全く興味がなく、そんなに必要性も無い方にとっては「負債」だと思います。

そういった意味で、「資産」には一般的に考えられる財産以外に

稼ぐ力やスキル、人とのつながり、考え方なども「資産」だといえるのではないでしょうか。

コンサルティングでは、主に財産としての「資産」についてお話しますが

財産も、どういった形で保有するのが自分の好みに合うのかをお聞きしています。

お金を何に換えるのか、資産の形を考えるときに

自分にとって、価値あるもの、幸せや豊かさをもたらすものは何なのか

意識してみて下さい。

 
お金 現金
預金
外貨
ペーパー 国債・社債など債権
保険(貯蓄性のもの)
投資信託
 実物 不動産
銀・プラチナ
 その他 その他

15分無料ヒアリングお問い合わせはこちらから90分52,500円のコンサルティングの詳細はこちらから


»